障害者雇用で就職したい方へ

普通過ぎる?スプライフの口コミ・評判を徹底調査|就労移行支援

スプライフって実際どうなの?

クーさん
クーさん

生活リズムをつけたい方にはお勧めの就労移行支援です。 ただ就労実績等は少なめですので大手の企業に就職したい方にはリタリコワークスの方が適しているでしょう。

結論

スプライフは各の目標管理をしつつ生活リズムを整えてから就職したい方にお勧めの就労移行支援です。

口コミや評判を見ていきましょう(目次をタップできます)

スプライフへ通所する前に

もしこれから就労移行支援に通われる方がこの記事を読んでいたら、事前に確認してもらいたいことがあります。

就労移行支援に通う前に、必ずチェックしておきたいものの1つが転職エージェントです。人によって、クローズ・オープンどちらにするかは違うと思いますが、オープンなら事前に登録することをオススメします。

これから就職したい!というときに「どんな求人があるのか」「その求人に求められるものは何か」がわかっていると、就労移行支援の訓練でも役立ちます。就職に向けて訓練を受けられるよう、まずは求人内容を見てみましょう!

※障害者雇用・障害者枠での就労は、「障害者手帳を所有している方のみ」が対象となっています。手帳を所有していない方は、一般枠の就労サービス・エージェントを利用しましょう。

クーさん
クーさん

エージェントに登録すると、就活状況確認の電話がかかってきます。電話を無視してしまうと、今後の利用が難しくなったり、気まずくなってしまうので、電話に出るようにしてね!(折り返しの連絡になっても大丈夫!)

むこうも人なので丁寧な対応をしましょう。

\「会員登録(無料)」で非公開求人をチェック!/

障害者向け転職エージェント

首都圏・関西マイナビパートナーズ紹介 (おすすめ)

全国dodaチャレンジ(おすすめ)

首都圏+大阪障害者雇用バンク

一般枠向けの転職エージェント

※下記のエージェントは障害者手帳を保有していなくても利用できます。

職歴が短い方ハタラクティブ

20代向け就職Shop

30代~転職なら【DODA】

クーさん
クーさん

就職の希望は「なるべく早く」と伝えるのがポイント!

早くに良い求人を紹介してもらえます

agent≫発達障害に向いてるのはこれ!おすすめの障害者雇用転職エージェント&求人サイト

スプライフとは

splife
出典:スプライフ

スプライフは福岡に6拠点存在する就労移行支援の1つです。
訓練のスケジュールは自分で決めることができ、担当のスタッフが利用者に着くので悩み事もとても相談しやすい就労移行支援といえます。

実際のプログラム内容を見ていきましょう。

スプライフのプログラム内容は?

スプライフのプログラム内容は一般的な就労移行支援とそこまで変わりありません。医療機関や企業と連携をとることによって、利用者の体調面をサポートしながら授業を進めていくことになります。

主なプログラム内容としては、ビジネスマナー、MOS、コミニケーションスキル、などが存在します。

スプライフの利用料金は?

スプライフは多くの方が無料で通所されています。
実際の利用料金は、一般的な就労移行支援通所にかかる金額と同じです。

具体的には、こちらの表をご参照ください。

世帯の収入負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
市民税非課税市町村民税非課税世帯0円
一般1市町村民税課税世帯(所得税16万円未満※1)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除く※2
9,300円
一般2上記以外37,200円
※1:収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります
※2:入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム等利用者は市町村民税非課税世帯の場合、「一般2」

自己負担がある場合でも、自治体によっては助成金がある場合もあります。
気になる方は是非自治体に問い合わせてみてください。

スプライフの利用者傾向は?

スプライフの利用者は、精神障害及び発達障害の方が多くなっています。

このグラフを見ると精神障害の方が多い就労移行支援なのでは?と思う方もいらっしゃると思いますがそうではありません。就労移行支援と言う施設自体精神障害者や発達障害者の方が多い傾向にあります。

ですのでスプライフの利用者の傾向は一般的であると言えるでしょう。

年齢層を見ていくと、30代40代が比較的多くなっている就労移行支援です。20代の方で同じ年代の利用者との交流を大事にされる方は、リタリコワークスの方が適しているといえます。

リタリコワークスは定着率・大手就職率が比較的高い就労移行支援です。

LITALICO-WorksVRを使った最新授業!LITALICOワークス(リタリコワークス)にいってみた|口コミ・評判徹底調査!就労移行支援

スプライフの就労実績は?

スプラエフの定着率は93.2%ととても高い数字を誇っています。比較的定着率の高い大手の就労移行支援でも90%前後の数字ですので、その値と比較しても高いことがわかります。

就業者数は累計で400人以上。

事業所数も着実に増やしているので、今後も就業者数は増えると考えられるでしょう。

就業先としては、小売業が多いイメージです。実際に公式ホームページを見ていくと、ドン・キホーテ、ニトリ、他には市役所等といった就職先があるようです。

実際の就職先一覧は公式ホームページよりご覧ください。
≫ 就業先一覧へ

スプライフの3つの特徴とメリット

生活リズムを整えることができる

スプライフの主なプログラムとしては、ビジネススキルを身に付けると言うより、毎日通うことによって生活リズムをつけると言うプログラム構成になっています。

休職期間が長い、もしくは退職して年月が経っている方が体調を整える目的で通うのが適していると言えるでしょう。

担当制である

スプライフの主な特徴の1つとして考えられるのは、担当制であることです。

就労移行支援は通常複数のスタッフで複数の利用者を見ると言う形式をとっていることが多いので、珍しい就労移行支援であると言えるでしょう。

ただし、事業所によってはスタッフの数が足りておらず利用者を見切れないと言う場合もあるようですのでご注意ください。

定着支援を受けることができる

スプライフでは、他の就労移行支援と同様に定着支援を受けることが可能です。定着支援では月に1階程度の面談を行っているため、就職してからの不安であったり、悩みを伝えることが可能です。

なかなか就職先に自分の悩みを伝えられない場合には、必要な支援ですのでぜひご利用ください。

スプライフの2つのデメリット

資格の勉強は自習が中心

スプライフでは、MOS の勉強は自習で行うことが多いです。資格の習得に必要な本は、自身で購入する必要があり、金銭的な負担が少し大きくなるかもしれません。

自習ではなく授業としてシステムの勉強をしたいなどの場合は、他の就労移行支援を利用した方がいいかもしれません。

訓練内容が物足りない可能性もある

スプライフは、生活リズムを整えることを中心としたプログラムです。そのためビジネス面での能力をつけていきたい、英語やITの能力をつけていきたいと言う方にはお勧めできません。

福岡でITスキルを身に付けたい場合には、dキャリアITエキスパート、rootsが適しているかと思います。

スプライフの口コミ・評判

ここの訓練と支援のおかげで仕事が続いています。ここはとてもよい所ですが、どれだけ職員を信頼できるか、自己開示できるか、自分から取り組めるかで、結果は変わってくると思います。個々の事情に合ったペース・ハードルの高さで訓練が受けられますよ!? 迷っている方は、見学・体験利用も出来るようです。

Google Map

真面目に通って、自分なりにちゃんと頑張り、勤める事が出来ました。スマホでゲームしてたけど注意されない…と低評価している人が居ますが、訓練真面目に受けてないのに、支援だけ受けたいというのもどうかと…頑張ってる人も多いので。

Google Map

精神保健福祉士が1人も居ない。資格の勉強は自習。あまり行く意味がない。

Google Map

何か特別なサポートがあるわけではない。 履歴書の空白期間を埋めたり、面接についてきてほしいぐらいの目的ならありです。

Google Map

訓練の時に人が足りてないと思いました。他のところは人がいるのに聞きたいこともきけれない。聞けば聞くほどダメなんですね。もっと考えた方がよさそうですね!

Google Map

スプライフの事業所一覧

福岡にある事業所
博多 / 久留米 / 薬院 / 西新 / 小倉 / 黒崎

さいごに

今回はスプライスの口コミ・評判についてまとめました。利用者目線での感想を述べると、体調の面に気を使い生活リズムを整えるプログラムは、休職期間が長い方にはオススメです。

一方でスキルを身に付けたいと言う方には少し物足りない内容であると感じました。また、大手企業への就職を考えている方でしたらリタリコワークスの方が適しているように思います。

他にも実際に見学利用を通してお勧めの就労移行支援をまとめていますのでぜひご覧ください。

prework≫【本音で選ぶ】厳選15選!就労移行支援おすすめランキング【どこがいい?】

よく読まれている記事

あわせて就労移行支援おすすめランキング

あわせて発達障害専門の就労移行支援

あわせて障害者専門の転職エージェント

就労移行支援の口コミ・評判まとめ

障害特化型就労移行支援

総合型就労移行支援

IT特化型就労移行支援

atGPジョブトレIT・Web おすすめ

manaby

就労移行支援の比較

就労実績定着率事業所数対応エリア対象障害
LITALICOワークス累計就職者数10,000名以上90%110か所以上北海道 / 仙台 / 栃木 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 東京 / 静岡 / 愛知 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 岡山 / 広島 / 福岡 / 宮崎 / 沖縄精神・発達・知的・身体・難病
Kaien累計就職者数1,400名以上94.9%14か所東京 / 神奈川県 / 埼玉 / 大阪発達
ミラトレ就職率85%90%14か所東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 大阪 / 兵庫 / 愛知精神・発達・知的・身体・指定難病
atGPジョブトレ1事業所当たり24名(年間)91.4%7か所秋葉原 / 大手町 /お茶の水/ 横浜 / 梅田うつ症状・発達・統合失調症・聴覚障害・難病
ココルポート累計就職者数2,400名以上88.2%60か所以上東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 福岡精神・発達・知的・身体・指定難病
welbe
ウェルビー
累計就職者数5,032名以上89%97か所以上東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉 / 高崎 / 宇都宮 / 静岡 / 愛知 / 大阪 / 京都 / 兵庫 / 岡山 / 広島 / 松山 / 福岡 / 熊本 / 鹿児島 / 札幌 / 仙台 / 新潟精神・発達・知的・身体・指定難病
d-career
ディーキャリア
非公開93.4%70か所以上東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 大阪 / 愛知 / 福岡発達

障害者専門転職エージェント

首都圏・関西マイナビパートナーズ紹介 (おすすめ)

全国dodaチャレンジ

全国LITALICO仕事ナビ 

首都圏+大阪障がい者雇用バンク

オンラインカウンセリング

当サイトの参考リンク

就労移行支援・就労定着支援に係る報酬・基準について:厚生労働省

障害者の雇用支援:高齢・障害・求職者雇用支援機構

障害者雇用の現状:文部科学省