障害者雇用で就職したい方へ

学生で就労移行支援を探すならここ!エンカレッジ(en+courage)の口コミ・評判を徹底調査

エンカレッジって実際どうなの?

クーさん
クーさん

定着支援が3年半以上と長く、定着に重きを置いている就労移行支援です。学生の利用者が比較的多い印象ですね。

結論

利用者とともに計画を立て、イベントを実施したり交流に重きを置きたい方向けの就労移行支援です。地元企業とのネットワークがありますが、大手への就職はそこまで多くないかも。

特徴や口コミを見ていきましょう(目次をタップできます)

おすすめの記事

prework≫【本音で選ぶ】厳選15選!就労移行支援おすすめランキング【どこがいい?】

エンカレッジ(en+courage)とは

発達障害の20代~30代を中心とした支援を行う就労移行支援です。

関西の大阪・京都を主な拠点として、最近では早稲田にも事業所が設立されました。

通っている方も大学生の方が多く、就労経験がなく、新卒で初めて就職するという方におすすめの就労移行支援となっています。

エンカレッジ(en+courage)の利用料金は?

エンカレッジは多くの方が無料で通所されています。
実際の利用料金は、一般的な就労移行支援通所にかかる金額と同じです。

具体的には、こちらの表をご参照ください。

世帯の収入負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
市民税非課税市町村民税非課税世帯0円
一般1市町村民税課税世帯(所得税16万円未満※1)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者を除く※2
9,300円
一般2上記以外37,200円
※1:収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります
※2:入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム等利用者は市町村民税非課税世帯の場合、「一般2」

自己負担がある場合でも、自治体によっては助成金がある場合もあります。
気になる方は是非自治体に問い合わせてみてください。

エンカレッジ(en+courage)へ通所する前に

もしこれから就労移行支援に通われる方がこの記事を読んでいたら、事前に確認してもらいたいことがあります。

就労移行支援に通う前に、必ずチェックしておきたいものの1つが転職エージェントです。人によって、クローズ・オープンどちらにするかは違うと思いますが、オープンなら事前に登録することをオススメします。

これから就職したい!というときに「どんな求人があるのか」「その求人に求められるものは何か」がわかっていると、就労移行支援の訓練でも役立ちます。就職に向けて訓練を受けられるよう、まずは求人内容を見てみましょう!

※障害者雇用・障害者枠での就労は、「障害者手帳を所有している方のみ」が対象となっています。手帳を所有していない方は、一般枠の就労サービス・エージェントを利用しましょう。

クーさん
クーさん

エージェントに登録すると、就活状況確認の電話がかかってきます。電話を無視してしまうと、今後の利用が難しくなったり、気まずくなってしまうので、電話に出るようにしてね!(折り返しの連絡になっても大丈夫!)

むこうも人なので丁寧な対応をしましょう。

\「会員登録(無料)」で非公開求人をチェック!/

障害者向け転職エージェント

首都圏・関西マイナビパートナーズ紹介 (おすすめ)

全国dodaチャレンジ(おすすめ)

首都圏+大阪障害者雇用バンク

一般枠向けの転職エージェント

※下記のエージェントは障害者手帳を保有していなくても利用できます。

職歴が短い方ハタラクティブ

20代向け就職Shop

30代~転職なら【DODA】

クーさん
クーさん

就職の希望は「なるべく早く」と伝えるのがポイント!

早くに良い求人を紹介してもらえます

agent≫発達障害に向いてるのはこれ!おすすめの障害者雇用転職エージェント&求人サイト

エンカレッジ(en+courage)の就労実績は?

就職率

エンカレッジ(en+courage)の就職率は95%です。※自己都合による退所者を除く。
就職率とは一般的に通所して就職できた数字を示します。

就労移行支援なんだから就職率が高くて当たり前では?

という方もおられるでしょうが、実はそうではありません。

全国の就労移行支援の就職率は平均で53%ほどしかないのです。就職率を公表している就労移行支援は他にミラトレがあり、こちらは約85%です。

どちらも高い数字であることがわかりますね。

定着率

入社後半年の定着率は約91.2%と高くなっています。

定着率90%を超える就労移行支援は他に、LITALICOワークスatGPジョブトレがあります。atGPジョブトレは発達障害に特化したコースもあるので、エンカレッジが気になっている方にも是非チェックしてほしい就労移行支援です。

おすすめ?エンカレッジ(en+courage)の3つの特徴とメリット

学生など20代~30代が多く、疑似仕事体験が豊富

エンカレッジは発達障害の学生に対してのサービス「就活PROJECT」などを実施していることもあって、エンカレッジにいる方は比較的若い層が多いです。

実は他の就労移行支援でも20代~30代が7割を占めるというのはよくあることです。※新卒の会社でうまくいかず、やめた人が通うケースが多いため。

ですのでそこまで珍しくないですが、「学生」の方が多いというのがポイントでしょう。

就労移行支援では、卒業見込みの生徒・中退予定の生徒など要件は絞られますが、学生通うことが出来るパターンがあるので、それを利用して就労移行支援委通われているということですね。

企業とのマッチングプラットフォームBoosterキャリアを活用

エンカレッジでは独自のICTプラットフォームである「Boosterキャリア」を活用しています。

これは、クラブ活動・サークル活動から強みや配慮事項を考え、履歴書として登録していくというものです。

大学、支援機関と経由することで企業とのマッチングを行うことが出来ます。
まだまだ成長段階で、利用者は800人ほど、企業は95社程度しかいませんが、今後はよりネットワークが広がっていくかもしれませんね。

また、企業実習は地域の企業とのネットワークで実施されています。あまり件数が多くないですが、某ゲーム会社の関連企業など有名どころも多かったです。

職種としては、デバッカー・軽作業が多いイメージなので、事務職希望の方はatGPジョブトレなどを検討してみてくださいね。

atGPtraning【見学してみた】オフィスカジュアル必須?atGPジョブトレ|口コミ・評判徹底調査!就労移行支援

ソーシャルクラブ・OB会などのイベント

カラオケ・お寺巡り・猫カフェなどのソーシャルクラブやOB会(就職後の人が集まる会)が定期的に開かれます。イベントの内容は利用者たちで計画していくこととなります。

例えば「東大寺にいこう」と計画したら、「どのルートで」「昼食はどこで」「どこに寄り道して」「何分滞在して」などを利用者の中で話し合いをして決めていきます。

これもプログラムの一環として行っているということですね。

「めんどくさい!交流ぐらい気ままに楽しみたい」という方には向いてないかもしれません。

やばい?エンカレッジ(en+courage)の2つのデメリット

学生の方が多く、年次が上だと利用しづらい

エンカレッジの利用者は比較的学生が多く、年配の方を見ることはありませんでした。

ですので、40代~の方が通所されるのは少し雰囲気や年代的に合わないかもしれません。

40代~の方が比較的多いのはLITALICOワークスで、こちらは特化しているわけではありませんが発達障害の授業も熱心に行っており、その就労実績も高く、発達障害の方の評判も良いです。是非こちらも併せてご検討ください。

LITALICO-WorksVRを使った最新授業!LITALICOワークス(リタリコワークス)にいってみた|口コミ・評判徹底調査!就労移行支援

就労経験があるならプログラム内容はそこまで重要でない

エンカレッジのプログラムは、ビジネスマナー、プレゼン、電話応対といった就労の基礎になる部分がメインです。

ですので就労経験がない新卒や少ない第2新卒の方にはお勧めですが、就労経験が長い方にはあまり向いていないと思います。

電話応対の訓練も、エンカレッジにかかってきた電話をスタッフに取り次ぐというものですので、「こき使われてる感じがする」「そんなことしたくない」と思われる方がいるかもしれません。

※電話応対は回数を重ねて覚えていくものですので、訓練そのものは妥当な内容です。希望しない方はその訓練だけ受けないということも可能ですので、相談してみましょう。

エンカレッジ(en+courage)の事業所一覧

東京にある事業所
早稲田駅前

大阪にある事業所
大阪(本町)/心斎橋/天満橋

京都にある事業所
京都(七条)/京都三条

エンカレッジ(en+courage)の口コミ・評判

立地はいいです。

職員の皆さんも好意的ですので、利用する資格があれば考えてもいいかも。

なお、実際に通うときはオフィスカジュアル必須。

Googlemap

さいごに

今回はエンカレッジの口コミ・評判と、実際に筆者が見学した感想を紹介しました。

利用者の目線での感想を述べると、マナーや挨拶・電話応対など卒業間際の学生の方が就職するという形で利用するのが良いと感じます。

一方でITなどの専門スキルはなく、本当に基礎知識から学ぶので、就労経験がある方にはあまりお勧めできません。

エンカレッジのほかにも、実際に見学してオススメの就労移行支援をまとめてますので、是非ご覧ください。

prework≫【本音で選ぶ】厳選15選!就労移行支援おすすめランキング【どこがいい?】

よく読まれている記事

あわせて就労移行支援おすすめランキング

あわせて発達障害専門の就労移行支援

あわせて障害者専門の転職エージェント

就労移行支援の口コミ・評判まとめ

障害特化型就労移行支援

総合型就労移行支援

IT特化型就労移行支援

就労移行支援の比較

就労実績定着率事業所数対応エリア対象障害
LITALICOワークス累計就職者数10,000名以上90%110か所以上北海道 / 仙台 / 栃木 / 埼玉 / 千葉 / 神奈川 / 東京 / 静岡 / 愛知 / 京都 / 大阪 / 兵庫 / 岡山 / 広島 / 福岡 / 宮崎 / 沖縄精神・発達・知的・身体・難病
Kaien累計就職者数1,400名以上94.9%14か所東京 / 神奈川県 / 埼玉 / 大阪発達
ミラトレ就職率85%90%14か所東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 大阪 / 兵庫 / 愛知精神・発達・知的・身体・指定難病
atGPジョブトレ1事業所当たり24名(年間)91.4%7か所秋葉原 / 大手町 /お茶の水/ 横浜 / 梅田うつ症状・発達・統合失調症・聴覚障害・難病
ココルポート累計就職者数2,400名以上88.2%60か所以上東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 福岡精神・発達・知的・身体・指定難病
welbe
ウェルビー
累計就職者数5,032名以上89%97か所以上東京 / 神奈川 / 千葉 / 埼玉 / 高崎 / 宇都宮 / 静岡 / 愛知 / 大阪 / 京都 / 兵庫 / 岡山 / 広島 / 松山 / 福岡 / 熊本 / 鹿児島 / 札幌 / 仙台 / 新潟精神・発達・知的・身体・指定難病
d-career
ディーキャリア
非公開93.4%70か所以上東京 / 神奈川県 / 千葉 / 埼玉 / 大阪 / 愛知 / 福岡発達

障害者専門転職エージェント

首都圏・関西マイナビパートナーズ紹介 (おすすめ)

全国dodaチャレンジ

全国LITALICO仕事ナビ 

首都圏+大阪障がい者雇用バンク

オンラインカウンセリング

当サイトの参考リンク

就労移行支援・就労定着支援に係る報酬・基準について:厚生労働省

障害者の雇用支援:高齢・障害・求職者雇用支援機構

障害者雇用の現状:文部科学省